無理をせず綺麗になりたいならくびれの作り方を知ろう

>コラム>くびれの作り方を実践すれば理想体型に近づける

くびれの作り方を実践すれば理想体型に近づける

お腹

黄金比率に近づける

メリハリのある美しいボディとして、くびれのありボディがあげられますが、ただたん細くなるだけで魅力的な体とは言えません。くびれには黄金比があるため、理想のくびれの作り方は、その数値にできるだけ近づけることです、理想的な数値は、バストサイズが身長×0.5、ウエストサイズが身長×0.38、ヒップサイズが身長×0.54となります。身長が160センチならバストサイズが80センチ、ウエストサイズが60センチ、ヒップサイズ86センチが基準です。くびれの作り方には、エクササイズや食事制限、マッサージのほか、エステサロンなど色々な方法がありますが、上手に組み合わせ、自分に合った方法で実践してみると良いでしょう。

メジャー

エステの施術は効果も早い

くびれの作り方は、エクササイズ系や食事制限系、エステ系に分けることができますが、最も楽してくびれが作れるのがエステの施術です。辛い事はせず、ベッドに寝転んでいれば自然にくびれが作れるうえ、効果が出るのが早いという特徴があります。くびれの作れるエステ施術は、サーモシェイプ、キャビテーション、EMSが一般的です。サーモシェイプは高周波でウエストの脂肪を溶かし、理想のクビレを作れる施術です。キャビテーションは、超音波で脂肪細胞を破壊し、ウエスト痩せを実現できます。リバウンドもほとんどしないので、おすすめのくびれの作り方です。EMSは、電流で強制的に筋肉を刺激して引き締める施術です。ナチュラルに引き締まったくびれが作れます。

広告募集中